TOP

最新ニュース

  • 大陽日酸が米国産業ガス事業へ過去最大のM&A投資  大陽日酸は米国100%子会社のマチソン・トライガス社(以下、MTG)を通じて、仏エア・リキードの米国内での産業ガス事業の一部、関連する事業資産を買収する。買収金額は非開示だが、M&Aへの投資としては過去最大規模。買収後の増収効果は年間2億6300万ドルを見込む。 仏エア・リキードの米国事業の一部第三者への分割譲渡は、同社による米国エア・ガス社買収の条件として、今年5月13日に米国連邦取引委員会が提示したもの。 MTGは、米国連邦取引委員会の承認が得られることを条件に次の事業を買収する。▽セパレートガス事業:東部、中西部の空気分離装置18基(16 カ所)▽炭酸ガス事業:液化炭酸ガスプラント4基(うち2基はドライアイスプラントを併設 ...
    投稿: 2016/06/24 0:06、Hiroyuki Yokoyama
  • 神奈川県高圧ガス流通保安協会が「高圧ガス消費事業者保安講習会」開催  神奈川県高圧ガス流通保安協会は、9月と10月に県内6会場で平成28年度「高圧ガス消費事業者保安講習会」を開催する。受講対象は高圧ガス消費事業所管理者・取扱者・運送員など、高圧ガスを取り扱う全ての消費者。講習内容は、高圧ガス保安関係法令の解説・各種基準、高圧ガスの消費・容器・移動・事故など。神奈川県安全防災局安全防災部工業保安課や各地域県政総合センター環境部、協会専任講師が講習を行う。 受講申込は神奈川県高圧ガス流通保安協会(TEL:045‐212‐2147、FAX:045‐212‐2148)まで。受講料は、1人3000円(受講当日支払い ...
    投稿: 2016/06/23 17:05、Hiroyuki Yokoyama
  • ユタカがノーヒーター型圧力調整器など環境に配慮した製品を「2016国際ウエルディングショー」で提案  ユタカは4月13日~16日、インテックス大阪で開催される「2016国際ウエルディングショー」へ出展し、環境に配慮した製品提案を行う。 電気を必要としない省エネのノーヒーター型炭酸ガス用圧力調整器の新製品「NP‐1」や、溶接開始時のオーバーシュートを抑えるガス節約器、使用している流量計を自社で校正出来る副基準器等、節電、節約、効率化を推進する製品を紹介する。 主な出展製品は次のとおり。▽ノーヒーター型圧力調整器「NPシリーズ」▽ヒーター内蔵型圧力調整器「FCRシリーズ」▽ガス節約器「ECOREシリーズ」▽2種ガス混合装置「SMX‐2SN」、「MX‐2SN」▽円形流量計「DNシリーズ」▽比較検査流量計 ...
    投稿: 2016/04/11 19:55、Hiroyuki Yokoyama
  • 日酸TANAKAが「2016国際ウエルディングショー」にファイバーレーザ切断機「FMRⅡシリーズ」出展  日酸TANAKAは、4月13日(水)~16日(土)インテックス大阪で開催される「2016国際ウエルディングショー」に出展する。最新の門型ファイバーレーザ切断機・溶接機器、汎用製品の展示・実演を行う。 主な出展製品は次の通り。 ▽ファイバーレーザ切断機「FMRⅡシリーズ(新製品)」 ▽配管自動溶接機「パイプオートⅡ」 ▽半自動TIG溶接システム「サンアークTIGマイスター(HOT‐TIG仕様)」 ▽汎用品「各種圧力調整器・手切吹管」「水素切断関連機器」 ▽半自動切換装置「LGC用半自動切換装置(新製品 ...
    投稿: 2016/04/11 19:09、Hiroyuki Yokoyama
  • エア・ウォーター 産業カンパニーが「2016国際ウエルディングショー」で「エルナックス」と「V‐アクアガス」の実演  エア・ウォーター 産業カンパニーは4月13日(水)~16日(土)まで、大阪市住之江区のインテックス大阪で開催される「2016国際ウエルディングショー」に出展する。 国内最大シェアを誇るMAG溶接用アルゴン「エルナックス」とCO2との溶接比較実演を行う。また、水を原料としたガス切断用水素系燃料ガス「V‐アクアガス」の高精度切断を実演と映像で紹介する。 主な出展内容は次の通り。 ▽MAG溶接用シールドガス「エルナックス」 ▽TIG/MIG溶接用シールドガス「AWシールド」 ▽ガス混合装置「MIXマスター」 ▽ガス切断用水素系燃料ガス発生装置「V‐アクアガス」 ▽独自金属表面処理技術 ...
    投稿: 2016/04/05 17:46、Hiroyuki Yokoyama
1 - 5 / 15 件の投稿を表示中 もっと見る »

ガスメディア

  • 8月25日号 ・医療ガス特集 変革進む医療行政診療報酬改定、病院の機能分化、在宅医療推進への対応を探る・JIMGA 厚労省委託で「HOT患者向けの緊急・災害時対応のガイドライン」作成へ酸素供給業者のレベルを一定に維持で患者に安心を・中国アセチレンの小野田工場爆発事故調査結果公表事故調査委員会の鈴木和彦委員長(岡山大教授)が総括・KHK 東京で「第39回高圧ガス設備担当者会議」開催、10月21日・経済産業省 平成28年度中小企業に対する特定補助金交付方針発表高輝度・高効率次世代レーザ技術開発、革新的水素エネルギー貯蔵・輸送技術開発
    投稿: 2016/08/25 18:28、Hiroyuki Yokoyama
1 - 1 / 14 件の投稿を表示中 もっと見る »


レーザインサイド

  • ファナックと古河電工の合弁会社FFレーザが、高出力レーザ・ダイオード・モジュールの生産開始  ファナックはファイバーレーザ向けレーザ発振器の生産能力を増強する。栃木県壬生町の壬生工場内に発振器製造工場を新設する。延床面積約3万2000㎡、生産能力は最大で400台/月、2017年8月に竣工、10月に生産を開始する予定。投資金額は建屋、生産設備を合わせて約100億円を見込む。 また、古河電工と昨年7月に合弁で設立したFFレーザ㈱が、産業用光ファイバーレーザの基幹部品となる高出力レーザ・ダイオード・モジュールの製造を4月から開始したことも発表した。 FFレーザ㈱は両社がそれぞれ50%を出資、古河電工の高出力半導体レーザ技術とファナックの自動製造技術により、レーザ・ダイオード・モジュールの自動化生産設備の立ち上げを進めていた ...
    投稿: 2016/04/12 1:31、Hiroyuki Yokoyama
  • 日本レーザーが高出力LD量産品対応バーンイン装置の取扱い開始  日本レーザーは、ニューポート社グループの米国アイ・エル・エックス・ライトウェーブ社の高出力LD量産品対応バーンイン装置「SPARTAN:LTS‐7540」の取り扱いを開始した。 同社の既存品となる「LRS‐9550」高出力LD対応バーンイン装置は、出力及び波長測定機能を有し、LIV計測が可能。レーザの基礎的性能試験からライフタイム試験、バーンイン試験までの幅広い試験が可能で、研究、試作から量産までの幅広い分野に対応する。 しかし高出力半導体レーザの需要が加工分野で急速に増加し、量産性向上のため低価格のバーンイン装置の要求が高まっていることから、「LRS‐9550」の一部機能を省略した「SPARTAN ...
    投稿: 2016/03/30 17:45、Hiroyuki Yokoyama
  • アマダとアマダミヤチが「2016国際ウエルディングショー」に出展  アマダとアマダミヤチは、4月13日~16日までインテックス大阪で開催される「2016国際ウエルディングショー」に出展する。テーマは「溶接技術革新によるモノづくり改革」。全24機種の豊富なラインナップで微細・精密から中厚板までの溶接の課題をトータルに解決する最新加工技術を提案する。 主な出展機は次のとおり。 ①ファイバーレーザ溶接システム「FLWシリーズ」 ティーチングレスを実現した6軸多関節ロボット溶接システム。高速・高品位加工を実現。 ②ファイバーレーザハンディ溶接機「FLW‐600MT」 最大ピーク出力5・5kWのパルス発振器を搭載し、発振効率アップとチラー不要の完全空冷式の相乗効果で消費電力を大幅に削減した ...
    投稿: 2016/03/29 17:14、Hiroyuki Yokoyama
1 - 3 / 9 件の投稿を表示中 もっと見る »