ファナックと古河電工の合弁会社FFレーザが、高出力レーザ・ダイオード・モジュールの生産開始

2016/04/12 1:31 に Hiroyuki Yokoyama が投稿
ファナック製ファイバーレーザ発振器
 ファナックはファイバーレーザ向けレーザ発振器の生産能力を増強する。栃木県壬生町の壬生工場内に発振器製造工場を新設する。延床面積約3万2000㎡、生産能力は最大で400台/月、2017年8月に竣工、10月に生産を開始する予定。投資金額は建屋、生産設備を合わせて約100億円を見込む。
 また、古河電工と昨年7月に合弁で設立したFFレーザ㈱が、産業用光ファイバーレーザの基幹部品となる高出力レーザ・ダイオード・モジュールの製造を4月から開始したことも発表した。
 FFレーザ㈱は両社がそれぞれ50%を出資、古河電工の高出力半導体レーザ技術とファナックの自動製造技術により、レーザ・ダイオード・モジュールの自動化生産設備の立ち上げを進めていた。
 主要な設備は古河電工製調芯装置8台、ファナック製ロボット9台などで、ラインの製造能力はファイバーレーザ月産60kW相当のレーザ・ダイオード・モジュール。今後、順次拡張予定。
Comments