共伸(栃木県那須塩原市)

2016/04/18 19:48 に Hiroyuki Yokoyama が投稿
太田主幹
 共伸(栃木県那須塩原市)は、超精密連続金型設計製作およびプレス部品加工を持って医療機器部品及び特殊針の製造を行っている。
 営業品目としては一般電気漏電遮断器部品、自動車用薄板バネ、リードフレーム、コネクタなどの電子部品の製造販売を行っている。
 精密プレス加工、微細絞り加工をもって業界に確固たる地位を築く。
 同社とレーザの歴史は、昨年6月から、澁谷工業製ファイバーレーザ加工機「SPF2305/SFX400」の導入に始まる。なんと加工範囲が500角のボールネジ駆動、発振器出力400Wの小型レーザが導入1号機である。
 レーザ加工機導入の経緯につき、同社試作開発戦略チーム・太田明雄主幹に聞くと「当社の業務はプレス加工がメインでしたが、昨今の動きとして、多品種少ロットの依頼傾向が強くなり、ここでの試作要求対応を考えるとき、いきなり金型製作ではコスト的にも大変ですから、試作を考えてのレーザ加工機の導入となりました」とのこと。
 現在の稼働状況について聞くと「まだ、導入後1年も経っていませんから、さまざまな金属の加工を持って、それぞれの金属の加工データを揃えているというのが、今の状況です。加工板厚としては1㎜以下の薄板、素材としては鉄、ステンレス、アルミ、銅、チタンなどさまざまな金属の加工を行い、近い将来の量産も考えてのデータ収集が現在の業務です」太田主幹の言葉。
澁谷工業製ファイバーレーザ加工機
 試作専用機として導入されたファイバーレーザ加工機、その加工精度の評価は「通常のCO2レーザ加工機では難しい、薄板の微細加工ができ、通常では不可能な光もの金属の切断が可能ですから、大変に付加価値の高い加工が実現できます」とのこと。
 切断後のバリ処理が次工程となるが、それ以外は、これといった問題もなく、現在まで稼働している。
「今は、まだ試作段階ですが、各種データが揃ったら、近い将来、1名のパート女性オペレータを専任とし、レーザ加工を一つの加工セクションとして構築したいと考えています」太田主幹の言葉に次の方向が見える。
 ファイバーレーザの活用事例は、①薄板の精密加工、最小切断幅40μが可能であり、薄板の微細加が可能。コネクタ、医療部品の試作に対応可能②パイプへの穴加工、医療用のパイプへの穴加工や形状付きの加工が可能③順送金型の事前検証、順送金型の工程作成時にレイアウトを加工することで、金型設計の事前検証やトライ時間の短縮が可能となる。
 さまざまな加工要求に対応可能なことから、近い将来の同社におけるレーザ技術の適用範囲の拡大は、そこにも大きなものが覗える。
切断されたワーク材
 パート女性を近い将来、レーザ加工の専用スタッフにとの太田主幹のコメントに、加工ステージ500×500㎜、加工ワークの軽量・小型、同社の特殊性の高い仕事ならではのコメントとして、興味深いものがある。
 通常の板金市場における定尺材の加工では、女性の専任は、ちょっと難しい。レーザ加工現場の新しい取組としても注目である。
Comments