News‎ > ‎

東京都高圧ガス保安協会が第3回高圧ガスセミナー開催、11月21日(火)全電通労働会館ホール

2017/08/03 20:40 に Hiroyuki Yokoyama が投稿   [ 2017/08/03 20:41 に更新しました ]
 東京都高圧ガス保安協会、東京都LPガス協会、東京都LPガススタンド協会は、第3回高圧ガスセミナー「エネルギーの多様化とLPガスの今後」を、11月21日(火)午後1時半~午後4時(午後1時開場)、全電通労働会館ホール(東京都千代田区神田駿河台3‐6)で開催する。事前申込制、参加料は無料。
 エネルギーが多様化する中、LPガスは可搬性に優れ、環境負荷の少なさ、熱量の高さなど、他のエネルギーと比較して多くの長所がある。災害時にはエネルギーの「最後の砦」として活躍し、最近では環境性能に優れたLPガスハイブリッド自動車も開発されている。セミナーでは、こうしたLPガスについての最新情報を3人の専門家による講演で解説する。

【プログラム】
 ①「LPガスの最近の情勢」講師=資源エネルギー庁資源・燃料部石油流通課企画官(液化石油ガス産業担当)、谷浩氏
 ②「(仮題)次世代タクシーが目指すもの」講師=トヨタ自動車㈱TC製品企画ZPチーフエンジニア、粥川宏氏
 ③「エネルギー自由化とLPガス産業」講師=東京理科大学大学院イノベーション研究科教授(研究科長)、橘川武郎氏


Comments